美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し 食べやすく仕上げております 【SALE/96%OFF】 美ちょう寿 びちょうじゅ 90粒入り 美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。,ダイエット・健康 , サプリメント , その他,90粒入り,美ちょう寿(びちょうじゅ),/crissum1412866.html,2400円,bzsm-dv.com 美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。,ダイエット・健康 , サプリメント , その他,90粒入り,美ちょう寿(びちょうじゅ),/crissum1412866.html,2400円,bzsm-dv.com 2400円 美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。 美ちょう寿(びちょうじゅ) 90粒入り ダイエット・健康 サプリメント その他 美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し 食べやすく仕上げております 【SALE/96%OFF】 美ちょう寿 びちょうじゅ 90粒入り 2400円 美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。 美ちょう寿(びちょうじゅ) 90粒入り ダイエット・健康 サプリメント その他

美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し 食べやすく仕上げております SALE 96%OFF 美ちょう寿 びちょうじゅ 90粒入り 感謝の声続々!

美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。 美ちょう寿(びちょうじゅ) 90粒入り

2400円

美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。 美ちょう寿(びちょうじゅ) 90粒入り




美ちょう寿(びちょうじゅ) 
美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。
こんな方にお薦めです
○介護を必要とされている方
 介護される方の負担が
 軽減されます。
○美容と健康を心がけている方
お召し上がり方
●一日3粒を目安にお召し上がりください。●本品は健康食品ですので、薬と併用されても特に問題はございませんが、主治医の先生にご相談ください。

原材料名
シャンピニオンエキス(マッシュルーム抽出物)、乳糖、ポリデキストロース、フラクトオリゴ糖、香料、デキストリン、ショ糖脂肪酸エステル、精製セラック
※シャンピニオンエキス配合量(1粒あたり150mg)
栄養成分表示
※3粒中(900mg)
エネルギー:3kcal / たんぱく質:0.01g / 脂質:0.01g / 炭水化物:0.77g / 食塩相当量:0.005g
ご使用上の注意
・吸湿や変色を防ぐため、開封後はアルミ袋をしっかり閉じ、湿気が多い場所は避けて保管してください。(冷蔵保管可)
・本品は天然由来の原料を使用しているため、粒の色が異なる場合がございます、内容の変化ではありませんので安心してお召し上がりください。
販売者
株式会社エムディエフ
お問い合わせ先
03-3988-9306
区分
シャンピニオンエキス加工食品/日本製

広告文責:ヘルスケアコヤマ 029-302-2920

※リニューアル、発売終了などの場合がございます。予めご了承くださいませ。

美ちょう寿はシャンピニオンエキスを高濃度に配合し、食べやすく仕上げております。 美ちょう寿(びちょうじゅ) 90粒入り

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。